クレンジングの種類と選び方|洗浄力・肌への刺激どれを選べばいい?

クレンジングの種類ってどんなものがあるの?

当サイトでは今話題のホットクレンジングを中心におすすめのクレンジングを紹介していますが、クレンジングにはどんな種類があるのかについて紹介しておきましょう。

 

それぞれの特徴、洗浄力、肌へのダメージなど、それぞれの特徴を解説していきます、これを知っておくだけでもこれからクレンジングを選ぶ時の大きな参考になるはずです。

 

 

クレンジングの種類は大きくは以下のとおりです。

  • クレンジングオイル
  • クレンジングリキッド
  • クレンジングジェル(クレンジングゲル)
  • クレンジングクリーム(クレンジングバーム)
  • クレンジングミルク

 

またこれ以外としては、クレンジングウォーターをしみ込ませた

 

  • クレンジングシート

 

ポイントメイク用の

 

  • アイメイクリムーバー
  • リップリムーバー

 

などもあります。

 

クレンジングシートやポイントメイクリムーバーは少し特殊ですのでそれ以外の一般的なクレンジングについて解説していきます。

 

洗浄力では?

 

クレンジングの洗浄力で見るとおおよそは下記の図のようになります。

 

洗浄力の強さ

 

もちろんこれはおおよそのものでそれぞれの商品によって大きく差がありますが、そのクレンジングがどのような仕組みでメイクを落とすかということを考えるとほぼ上記の表が当てはまります。

 

メイクは基本的にはメイクの汚れとクレンジング剤を合わせて乳化させることにってメイクを浮き上がらせ落とします
メイクは油性ですので水で洗おうとしてもはじいてしまって汚れを落とすことはできません。
ここで「界面活性剤」という水と油をなじませる作用をする成分を肌につけるとメイクとクレンジングが混ざるのです。

 

 

界面活性剤とは?

 

台所用洗剤

界面活性剤というと台所用洗剤やシャンプー、衣類洗剤、石鹸などを思い出すと思います。

界面活性剤は1つの分子の中に、水になじみやすい「親水性」と、油になじみやすい「親油性」の2つの部分を持っていて、この構造が本来なら水と油のように混ざらない性質のものを混ぜ合わせる導入剤のような働きをしてくれるのです。

 

これらの界面活性剤が海や川に流れて環境汚染につながるってしまっている・・・というような話も聞いたことがあるかもしれません。
こんなことを聞くと界面活性剤って大丈夫なの?そんなものを顔につけるなんて・・・と思ってしまいます。
確かに洗剤などに使われる界面活性剤はそのような性質のものも多く、肌に強い刺激があります。

 

ただし、界面活性剤にも種類はたくさんあり、食品などに含まれるものもあるのです。
例えばマヨネーズ。
マヨネーズの分離を防いでいるのも界面活性剤で、天然の「レシチン」がそれにあたります。

 

肌や体に刺激が強いのは石油系の合成界面活性剤です。

 

台所用の洗剤、衣類の洗剤、泡立ちのいい従来のシャンプーなどに入っているのは石油系合成界面活性剤です。
従来のよく落ちるクレンジングに入っているのも基本的には(明記されていない限り)石油系合成界面活性剤です。

 

台所用洗剤を使うと肌が荒れるように、クレンジングや洗顔料でもこれらが入っている場合は肌荒れが懸念されます。
できるだけマイルドになるように作られてはいるのですが、界面活性剤を少なくするとメイクとのなじみが悪くなり洗浄力が落ちる

 

オイルタイプは元々オイルですからなじみはいいのですが水で洗い流す際に界面活性剤を必要とします。
またウォーターベースのリキッドクレンジングでもオイルは入っていなくてもこの界面活性剤が多く含まれていると洗浄力が増します。
クリームタイプは油分が少なく界面活性剤も少ないが洗浄力も弱い・・・。
また同じ界面活性剤でも石油系合成界面活性剤ではなく、天然の界面活性剤を使用する商品も出てきましたが、石油系の界面活性剤に比べると洗浄力はなかなかかなわないというのが現状です。

 

洗浄力を重視するか、肌への負担の少ないものを選ぶか・・・
これが今までのクレンジングの選び方の基本です。

 

 

その中でも最近のヒットはまさに「ホットクレンジング」だといえます。
ホットクレンジングの温感作用が洗浄力もUPさせたのです!)

 

 

洗浄力と肌への負担については以上のような関係です。
では実際にそれぞれの特徴を見ていきましょう。

 

 

クレンジングオイル

DHCクレンジングオイル

クレンジングオイルは油分も界面活性剤の量も一番です。
オイルで出来ているのでメイクとすぐになじみ、完全にメイクを落としてくれます。

 

オイルだから界面活性剤はいらないのでは?と思えますが、クレンジングオイルにおいての界面活性剤の働きはメイク汚れとクレンジングオイルを乳化し肌になじませ、水で流した時に肌からそれを取り除くための働きをします。

 

ウォータープルーフのアイライナーもマスカラもガッツリアイメイクもすっきりです。
反対にクレンジングオイルでメイクが落ちなければ何で落とせばいいの?というくらいのレベルです。

 

クレンジングオイルはこのようにメイク落ちは最強ですが、同時に肌への負担も最強です。

 

オイルなのでべたつく?と思いきや一番怖いのは乾燥
肌の水分をごっそりと奪っていきます

 

冬に台所洗剤を使うと手荒れが起きますよね?もちろん肌を守る成分等はいろいろ入ってはいるのですが最終的にはあんなイメージです。

 

ポイントメイクのクレンジングにはあえてこの強力なクレンジングオイルを使うのはおすすめです。
洗浄力の弱いクレンジングで何度もこするのも肌には大きな負担になります。
その点オイルクレンジングならさっと落とすことができるので摩擦がありません。

 

肌全体に使うのはよほど肌が強い人ではないと不安があります。
肌のトラブルが多いな?と思ったらクレンジングオイルを使っていたためというのもよく聞く話です。

 

どんなメイクも簡単に落ちるのでクレンジングはオイルにしている!という方も多いと思いますが、本来はクレンジングオイルはポイントメイクの除去や強力なウォータープルーフの日焼け止めに使うくらいの方が無難です。
通常はできることなら他のタイプのクレンジングを使う方が肌に負担はかかりません。

 

またオイルに含まれるオレイン酸はニキビには厳禁。アクネ菌を増やすことがあります。
ニキビが気になる肌の方は使わない方がいいでしょう。

 

そしてオイルベースですのでダブル洗顔は必須です。洗顔をしなければベタベタで肌に不要な成分が残っています。

 

まつエクをしていると使うことはできません(オイルで取れてしまうため)。

 

クレンジングオイルのメリット

  • ウォータープルーフのメイクもしっかり簡単にオフできる
  • 何度もこする必要がないので摩擦が起きない

 

クレンジングオイルのデメリット

  • 肌の乾燥を招く
  • 界面活性剤が多く刺激が強い
  • 敏感肌乾燥肌には使えないものが多い
  • ニキビを悪化させることがある
  • ダブルクレンジング必須
  • まつエクをしていると使用できない

 

クレンジングオイルに分類される主な人気商品

クレンジングオイル

 

・ファンケルクレンジングオイル
・ビオレパーフェクトオイル
・DHC 薬用ディープクレンジングオイル
・無印良品 クレンジングオイルなど

 

クレンジングリキッド

クレンジングリキッド

クレンジングリキッドはリキッドという名のとおりリキッド(水)がベースになっています。
水ベースと聞くとオイルに比べて刺激が弱そうに感じますが、実はクレンジングオイルと同様にかなり刺激が強いのがこのクレンジングリキッドです。

 

メイク落としの原理として油分であるメイク汚れと「水」は混ざることができません
クレンジングリキッドのベースである水をメイク汚れとなじませるためには大量の界面活性剤が必要になります。

 

クレンジングリキッドはオイルに比べると様々な美容液成分も含んでいる製品が多いのですが、残念ながらこれを打ち消してしまうのが界面活性剤です。
しっかりメイクを乳化させるためには強力な界面活性剤が必要でほとんどは石油系合成界面活性剤を使用しています。

 

またリキッド内の成分を安定させるためにアルコールも多く含んでいるものがほとんどです。

 

クレンジングリキッドはさらっとしたテイクスチャーが人気で、メイクの落ちも良くオイルのようにベトベトせずに使えるため、今ではかなりクレンジングの主軸商品になってきましたが、実際はかなり肌を傷める成分の入ったものが多くなっています。
かなりの洗浄力のあるものはまず肌には悪いと考えた方が無難です。
(もちろん各メーカーで差はあります!)

 

クレンジングと比較すると、洗浄力ではオイルの方がやはり上です。
ですがクレンジングリキッドもウォータープルーフのメイクもポイントメイクもしっかりすっきり落とすことができます。
原則はオイルフリーですのでまつエクにも使うことができます。
オイルに含まれるオレイン酸は入っていないのでニキビ肌を悪化させる心配はありません。

 

肌荒れ・乾燥はクレンジングオイルと同様にかなり注意が必要です。

 

クレンジングリキッドのメリット

  • ウォータープルーフのメイクもしっかり簡単にオフできる
  • 塗れた手でも使えるので便利
  • まつエクにも使用できる

 

クレンジングリキッドのデメリット

  • 肌の乾燥を招く
  • 界面活性剤が多く刺激が強い
  • 敏感肌乾燥肌には使えないものが多い
  • ニキビを悪化させることがある
  • ダブルクレンジングは必要

 

クレンジングオイルに分類される主な人気商品

クレンジングリキッド

 

・ビオレうるおいクレンジングリキッド
・専科パーフェクトリキッド
・ソフティモ スピーディクレンジングリキッド
・ちふれ クレンジングリキッド

 

 

クレンジングゲル(クレンジングジェル)

クレンジングゲル

ジェル状になっているのがこのクレンジングゲル。
当サイトでも紹介しているホットクレンジングのほとんどのこのクレンジングゲルタイプになっています。

 

ゲルというと水性のオイルフリーのものをばかりなのかと思うかもしれませんが、実際には、オイルフリーの水性のもの、水性ベースにオイルを加えたオイルインのもの、油性のオイルタイプがあります。
ただし、一般的にクレンジングゲルと言えばクレンジングオイルやクレンジングクリームなどのオイル系のクレンジングとの差別化を図った水性のオイルフリーのものが主流です。

 

オイルフリーの水性のクレンジングゲルは肌に優しく敏感肌でも使えます。
ニキビ肌や脂漏性皮膚炎の方でも使用できるものが多いです。

 

また界面活性剤の量も少なく、石油系の合成界面活性剤ではなく天然界面活性剤などを配合しているものも増えています。

 

美容成分も配合がしやすく、メイクを落とした後もクレンジングオイルなどでしたらすぐに化粧水をつけないと肌が乾燥してしまいますが、クレンジングゲルの場合はしばらく放置しておいても大丈夫
クレンジングをしているだけでスキンケアもできてしまうというような商品がほとんどです。

 

まさに刺激が少なく肌に優しいことがクレンジングゲルのウリです。
ただし、その分洗浄力は落ちます

 

クレンジングオイルやクレンジングリキッドではすっきり落ちていたポイントメイクやウォータープルーフのメイクもクレンジングゲルで落とすのは一苦労。
ガッツリメイクはそのプ分だけ他のクレンジングで落とさなければいけないことも。

 

水性のオイルフリータイプのクレンジングゲルは基本的にはダブル洗顔は必要ありません
(ダブル洗顔がいらないというのは面倒がないだけではなく、洗顔料がいらないわけですのでコスパ的にもお得。)

 

またオイルフリーですのでまつエクにも安心して使えます
洗浄力が弱いというのが難点ではありますが、ポイントメイクだけは別のもので落としながらクレンジングゲルを使っていくというのが肌のためには一番いいのかなと思います。

 

洗浄力の強さ

そしてこの洗浄力の弱さをカバーしたのが実は「ホットクレンジング」

温感作用によりオイルフリーでは今まで落ちしにくかったウォータープルーフのメイクなども落ちやすくしてくれています。
ホットクレンジングはこの点でも本当におすすめなのです!

 

 

クレンジングゲル(ジェル)のメリット

  • 肌に優しく刺激が少ない
  • 界面活性剤が少ない
  • 敏感肌・乾燥肌・ニキビ肌など肌を選ばず使える
  • 美容成分を配合しやすくスキンケアができる
  • ダブル洗顔不要ですっきり
  • まつエクにも使える
  • 塗れた手でも使える

 

クレンジングゲル(ジェル)のデメリット

  • 洗浄力は弱くポイントメイクは落ちない

 

クレンジングゲル(ジェル)に分類される主な人気商品

クレンジングゲル

 

・クレンジングリサーチ ジェルクレンジング
・ソフティモ スーパークレンジングジェル
・ビオレ メイク落とし しっかりクリアジェル
マナラなどホットクレンジング各種

 

 

クレンジングクリーム・クレンジングバーム

クレンジングクリーム

クレンジングクリームは油分の入ったこってりしたクリームでメイクの汚れをなじませて落とします。
洗い流すタイプとふき取るタイプがあります。

 

かなり昔のおばあちゃんの世代にはクレンジングといえばふき取り型のクレンジングクリームが主流でコールドクリームという名前で広く使われていました。

 

クリーム自体が油分を含んでいるので界面活性剤の量がそれほど多くなくてもメイクを乳化させることができます。
ですのでクレンジングオイルやクレンジングリキッドに比べるとかなり肌には優しい作りになっています。

 

またマッサージクリームとして併用できたり、いろいろな美容成分を配合したものも増えてきています。
単なるクレンジングではなくクレンジングをしながらスキンケアもという発想です。

 

 

ただ肌に優しい分、洗浄力は低くなります。
クリームに含まれる油分だけではメイク汚れをしっかりと乳化させることができません。
ポイントメイクやウォータープルーフのメイクにはかなり手こずり、2度3度洗ったり、この部分だけは別のもので落とさなくてはならない場合もあります。
そしてクレンジングクリームは濡れた手や肌では使えません。
塗れた肌や手で使ってしまうと洗浄力はさらに弱まりほとんど落ちていないような状態になってしまいます。
お風呂でクレンジングをする習慣のある方には使いにくいクレンジング剤とも言えるでしょう。

 

またオイルを含みますのでまつエクには基本使えません(中には使えるものもあり)。

 

クレンジングバーム

クレンジングクリームと同じような分類ですが、クレンジングバームというものもあります。
クレンジングクリームはクリームですが、クレンジングバームは半固形のバターのような形状です。
肌に乗せると肌の温度で溶けて液体状に変わります。

 

溶けるとオイルのように使えますが、肌には優しいものが多く、敏感肌・乾燥肌の方でも使えます。
ただし、洗浄力はクレンジングクリームよりも上がりますがクレンジングオイルの様には落ちません。

 

美容成分にもこだわったものが多く人気がどんどん高まっています。ただし価格は少し高価なものが多いです。
クレンジングバームも基本的にはまつエクには使えません。

 

またクレンジングクリームもクレンジングバームもダブル洗顔が必要です。

 

 

クレンジングクリーム・クレンジングバームのメリット

  • 肌に優しいのもが多い
  • 界面活性剤が少なめ
  • マッサージクリームとしても使えるものが多い
  • 様々な美容成分が配合されていることが多い

 

クレンジングクリーム・クレンジングバームのデメリット

  • 洗浄力はクリームよりはいいがポイントメイクは落ちにくいく
  • ダブルクレンジングが必要
  • まつエクには使えない

 

クレンジングクリームルに分類される主な人気商品

クレンジングクリーム

 

・ポンズ エイジビューティー クリームクレンジング
・ビオレ こくリッチメイクオフクリーム
・ソフティモ ホワイト コールドクリーム
・エビータ ボタニバイタル クレンジングクリーム

 

クレンジングバームに分類される商品

クレンジングバーム

 

・DUO ザ クレンジングバーム
・クリニーク テイク ザ デイ オフ クレンジングバーム
・shu uemura アルティム8 クレンジングバーム
・ラフラ バームオレンジ

 

 

 

 

 

 

クレンジングミルク

クレンジングミルク

クレンジングクリームはクリーム状ですがこちらは液体、ミルク状になっています。
基本的には水性のオイルフリーです。
肌にも優しく美容成分もいろいろ配合されています。

 

お肌にいちばん優しいと言われています。

 

洗いあがりはジェルよりさらにしっとりします。ミルクが効いているという感じです。
さっぱり感が好きな人がジェルの方がいいと思います。

 

また洗浄力はかなり悪く、ナチュラルメイクは落ちますがそれ以外は残ってしまうことが多いでしょう。
普通のファンデーションも落ちないこともあります。
落ちないからといって何度もこするとその摩擦で肌にダメージが起きてしまいます。
BBクリームやミネラルファンデーションの方にはいいかもしれませんが、クレンジングとしてはあまりおすすめできません

 

まつエクは大丈夫です。
ダブル洗顔は基本的には必要ありません。
商品によってはミルクのベタベタ感が残ることもあるのでその時は洗顔が必要です。

 

 

 

 

 

クレンジングミルクのメリット

  • 低刺激で成分が優しい
  • 界面活性剤も少ない
  • 敏感肌・乾燥肌・ニキビ肌など肌を選ばず使える
  • 美容成分やミルクの保湿成分が多い
  • まつエクにも使える
  • 塗れた手でも使える

 

クレンジングゲル(ジェル)のデメリット

  • 洗浄力はナチュラルメイク以外は落ちにくい

 

クレンジングミルクに分類される主な人気商品

クレンジングミルク

 

・Dove ダヴ モイスチャー ミルククレンジング
・アベンヌ ジェントル クレンジングミルク
・ロゼッタ クレンジングミルク
・ソフティモ ラチェスカ ミルククレンジング

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top